概要 | 風俗のデリヘル・ホテヘルに関する詳細情報

概要

白いシャツを着ている女性

風俗とは、本来その時代や場所における生活上での風習を指す言葉である。しかし、現在ではそうした意味合いよりも風俗営業を指して使う事が多いのである。

現代の風俗営業は「風俗営業などの規制及び業務の適正化などに関する法律」によって厳しく規制されている。この法律は風営法というように略して呼ばれる。種類

風俗営業には1号営業~8号営業まで8つの種類に分類されている。

そして、それぞれの営業の種類によって可能な事や不可能な事が違うのである。
1号営業はキャバレー等の施設を設け、客にダンスをさせたり、客の接待を行い飲食を指せる営業
2号営業では、待合や料理店等の施設を設け、接待及び遊興、飲食をさせる営業

上記の様にそれぞれの営業は定義づけられており、ダンスをさせる事が可能であるか不可能であるか、接待行為が可能であるか不可能であるか、飲食をさせることが可能であるか不可能であるかというのが1~8号でそれぞれ違う。

また、こうした営業の許可を得るためにも、様々な条件をクリアする必要があるため、誰もが営業を始めるっていう事は不可能となっている。

風俗の中でも性に関する営業におけるジャンルは幅が広い。

代表的な物だけでも、ソープランド、ファッションヘルス、デリバリーヘルス、ホテルヘルス、イメージクラブ、ピンクサロン、SMクラブ、オナクラと非常に多いのである。

それぞれの性に関する営業で受けられるサービスには違いがあるので、利用者は自らの目的に合わせてサービスを選択することが可能となっているのである。

更に、それぞれのサービスにおいてサービスを行う女性の年齡や身分を限定(人妻専門や熟女専門など)した様な物もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加